「日曜日には時間があります。行きます。」

「日曜日には時間があります。行きます。」

西島留美はショックを受け、彼女の手にあるペンに紙を渡しました。私は穴をあけました、そし西安桑拿论坛て私が座っていなかったならば、私の足は弱くなると思います-あなたは仕事中毒者がついに休暇を取る用意がありますか?

それはとても珍しいです、誰がそんなに多くのエネルギーを持っていますか?

とにかく、私は一日休むことができます!

第195章はブラインドデートではありません。

誰かが西安サウナでリラックスするように頼んだら、おそらく西安サウナはおならをしているふりをします。忙しいので頭を失うことになり、とても面倒です。しかし、バイマ?ニンジは彼とは異なり、彼の親密で独占的なゴミ箱です。彼女の招待は並外れているので、彼女は真剣に受け止められるべきです。

だから、日曜日は断固とした休憩をとっていて、誰も意見がなかった。休暇をとったときにチーム全体が遅くなっても、誰も意見を述べなかった。ほぼ3か月で、この男は毎日テレビにぶら下がっていた。ぶら下がり、ローテーションには参加しないでください。部下は彼の突然の死を恐れて西安夜生活网、多くのプレッシャーを受けています。

彼は土曜日に残業し、夜遅くまで忙しかった、彼は日曜日の朝に集まり、「エネルギーポーション」のボトルを飲み、それから彼は自分を片付け、約束に行く前に犬のように見せた。

待ち合わせ場所はシャンシェンのレストランの近くで、西安のサウナが最初に到着しました。しばらくして、3人の女の子と1人の大きな女の子と1人の小さな女の子が来るのを見ました。西野武者は男の子です。他の3人の数字はかなり高く、特に金の水準に達している次男より前の息子はとても高いです。

Baima Ningziが西安サウナを見たとき、彼女はほんの3か月は言及する価値がなかったかのように笑顔で挨拶しました。彼女が挨拶すると、彼の顔を注意深く見て、彼女は少し奇妙でした-彼女は彼女の目の下に2つのくまのある淡い西安サウナを見ると思っていました、突然死の端を歩くような親切でしたが、彼女は彼を期待していませんでした顔が赤くて、元気です。

西安サウナは、慣れずに白馬寧子を見ていたが、トンボのように忙しく忙しく、時間が経つにつれ、覚えることは少なく、思い出は白馬寧子から離れたばかりだった。 、そして3か月はBai Ma Ningziにマークを残すのに十分ではなく、彼女も変わっていないようで