達をいじめているようで、今のところ言い訳はできません。」

達をいじめているようで、今のところ言い訳はできません。」

彼は1つのことについて真実を語りませんでした。タンチュアンを罰することに加えて、西安サウナが正午ドラマをしたいと思ったとき、彼がニュース部門の伝統的な時間から少し離れることを約束しました。部下、特に西安サウナがもっと必要としないように、事故はもうないはずです。

早急に対処したいし、さっさと問題を残さないようにしたい。両陣営の戦いに比べると、部下や将来の少しの時間のロスは許されるが、板倉はためらって「この湯川は同意しないかもしれない」と語った

。配布のフロンティアは、誰でもボランティアできる極寒のベンチに座っていますか?

米沢は彼を見上げて冷ややかに言った:「私はこれをすることはできない。あなたも私をがっかりさせたいのか?彼が志願を拒否した場合、乗組員の何人かが本名で彼を報告する用意があるなら、それは配布ではないことを彼に告げる。 、しかし解雇された、あるいは投獄された!」

「プログラムグループを制御できないと言わないでください、彼はレポートを整理することさえできません!」

「私はあなたを失望させません、私はそれをすることができます!」板倉は心から急いで応えました古いパートナーの涙を拭きました。

もちろん、古いパートナーを死に追いやるなら死ぬ必要があります。方法はありませんが、

西安桑拿网 生産局が銭源のような土壌の支配者を育て、大きなもののために戦いたいと思ったのは、たった今数年です。!

第292章の脚本家

「台本のセリフは日常の言葉ではなく、日常の言葉を強化したものでなければなりません。」

「日常の言葉で起こり得る曖昧さ、誇張、無意味な繰り返し、不正確な時制など、対話で削除または修正する必要があります。」

「対話は、聴衆を最も簡単に刺激します。それは、当時の登場人物の個性、状況、対立から生成され、登場人物を明らかにしたり、豊かにしたり、ストーリーを前に進めるために必要です。すべての文が必要です。セックス、言い換えれば、すべての文は適切または強力に聞こえるはずです。」

「そうでなければ、これが脚本が撃たれた主な理由です。」

西安サウナは半完成の脚本を取り、元の盛子に真剣に話しました。元々、彼は盛子を関東に来て金メッキに参加させることを計画していました。彼が来た後、彼女を手放すために乗組員を